Firstly there was a photograph.

心のままに撮った写真

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Istanbul (6)

IMG_0426_copy_convert_20110123180004[1]




IMG_0432_copy_convert_20110123180119[1]




IMG_0430_copy_convert_20110123180259[1]




IMG_0437_copy_convert_20110123180411[1]




IMG_0434_copy_convert_20110123180525[1]




IMG_0440_copy_convert_20110123180620[1]




IMG_0443_copy_convert_20110123180726[1]




IMG_0417_copy_convert_20110123175720[1]




IMG_0423_copy_convert_20110123175841[1]





旅の最終日。

朝の5時頃起きる。



空港のトイレで顔を洗ったり歯を磨いたり、ほんと空港便利だ!

風呂に入れないのが難点ではあるが…

さすがに三日も風呂に入っていないと臭いもしてきます。

上はそうでもないが足が臭い(笑)

靴はいててそう思うんだから脱いだら相当だろうな。

これじゃ、ジャーミィ入れないじゃないか。・゚・(ノД`)・゚・。



始発のメトロでイスタンブールの街に出る。

今日は、雨がしとしとと降る天気だ。

この時期は雨が多いようだが幸い今回の旅ではこの日しか雨に遭わなかった。

まだ、夜の闇の中住宅街を散策してみる。

人はまったくいない静まりかえった街を歩く。

ネコがこちらを気にすることなく誰かの残していっただろう餌を食べている。

そんな写真を撮ったりする。



多少、空が明るくなってきたのでグランドバザールのほうに行ってみる。

オープンにはまだ早かった。

どこの店も開店準備で忙しそうだ。

特に、衣料関係の店は大きな袋を運び屋のおじさんたちが背負子を使って運んでいる。

サンドイッチを売るワゴンが出ている。

出勤前の人々が次々と買っていく。

1.5リラか…それぐらいなら出せるな。

久々の朝食は、大きなパンにポテトサラダ・チーズ・ハム・サラミソーセージ・オリーブノペースト・トマト・ゆで卵・生とうがらし。

すごいボリューム、しかも安い!

あまりのうまさにあっというまに完食。

そうしてるうちにグランドバザールの店も徐々に開店。

意外と声を掛けられない。

まだ、始まったばかりだしな。

そうだ。手持ちの中国元を両替できるところはないだろうか。

結局、両替商は何軒もあったがどこも交換できなかった…

写真を撮りながら歩くと地図を見なくなりどんどん歩いていってしまう。

建物の中に入ったり気になる路地に入ったり。



いつの間にか坂道になっており登りきるとそこにはジャーミィがあった。

スュレイマニエ・ジャーミィのようだ。

中に入ろうと靴に手を伸ばすと…

ヤバい…臭い…(ノД`)

意を決して靴を脱ぐとすり足で高速移動。写真を数枚撮りすばやく撤退。

逃げるようにジャーミィを後にする。

あ、そうだ。外観を撮っていなかった。

戻るとなんか民族衣装を着たオヤジがいる。

「俺を撮るか?」とか言ってるので「うん」って言ってしまったらそのオヤジ、背中のタンクからコップになんか注いでる。

その写真は撮ったがオヤジはコップを差し出し「飲め」とか言ってる。

キウイにリンゴになにかもうひとつ入ってるらしい。

「タダか?」って聞くとあいまいな答え。

飲んでみるとウマイ!甘くてすごいウマイ!

するとオヤジは手を出して「4リラ」。

おいおい、そんな金ないぞ!

仕方ない2ユーロ残っていたのでそれを渡す。

オヤジ「ユーロ、ノー」。

リラはもっとないぞ…。

空港までのメトロ代をすばやくキープして残りのリラを出す。1.5リラだ。

オヤジ「ノーノー」。

これしかないというとじゃあ、さっきの2ユーロを出せという。

結局、2ユーロと1.5リラ持っていかれた。

これって4リラ以上だろ…。

あと、メトロ代しかない(泣)

オヤジ「もっと、写真撮るか?」。

ワタシ「もういいわ…」

オヤジ「どこから来た?」

ワタシ「日本」

オヤジ「サムライ、サラバジャ…」

オヤジは千葉真一のような押し殺した声でそう言うと親指を立ててその場を去って行った…。

こっちは、ただ唖然と立ち尽くすばかり。

なんだか一気に疲れが出てきてバックパックが肩に食い込んでくる…。



再び、グランドバザールを散策して空港に戻ることにした。

空港に着いてからはすることもないので出発まで寝る。

日付が変わる頃、イスタンブールを発つので搭乗ゲートで待っていると隣のゲートでは乗客だろうか3組ほど遅れて来ていてとてもキレイな空港職員のおねえさんが同僚に向かってマジギレしていた(笑)



イスタンブールを無事に発ったが途中の北京では乗換えに1時間ぐらいしかなくなにも食べられず。

しかも、便は遅れ。成田に着けば荷物は着いておらず。

終電で家にやっとこさ着くと翌朝は仕事始め(笑)



初のトルコはとても刺激的でとても胡散臭くて観光地に行ってなかったけど(笑)満足できた。

いくらかヤバイ目にもあったがなんとかなったし。

ナイトクラブの一件はいまにして思えば友情を装って相手を騙すやつかなとも思う。

少し勉強になった。

それでも今度行く時はもっと地方や隣国にも足を伸ばしてみたいと思った。



スポンサーサイト
  1. 2011/01/23(日) 18:19:13|
  2. Scenery
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
| ホーム | Istanbul (5)>>

コメント

素晴らしい紀行文

ちくわさん、こんばんは^^

素晴らしい紀行文でした。最後にUPされた写真は、イスタンブールの
匂いや生活感まで漂って来て、流石、独自の視点で捉える向き合い方
に敬服いたします。また、生きている旅が出来るといいですね^^
  1. 2011/02/01(火) 01:40:51 |
  2. URL |
  3. はなさかすーさん #dSgqtt7g
  4. [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2012/04/30(月) 03:54:27 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2012/11/23(金) 00:24:26 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ori121.blog31.fc2.com/tb.php/201-ad493fdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ちくわ

Author:ちくわ
写真とたまに音楽

最新コメント

フリーエリア

月別アーカイブ

カテゴリ

Scenery (144)
A vehicle (1)
Nature (4)
A person (12)
An animal (7)
Molding (14)
Food (1)
Flower (3)
Fish (3)
ドイツ (5)

フリーエリア

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。