Firstly there was a photograph.

心のままに撮った写真

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Istanbul (5)

IMG_0381_copy_convert_20110120222454[1]




IMG_0388_copy_convert_20110120222721[1]




IMG_0389_copy_convert_20110120222931[1]




IMG_0397_copy_convert_20110120223024[1]




IMG_0398_copy_convert_20110120223127[1]




IMG_0406_copy_convert_20110120223407[1]




IMG_0412_copy_convert_20110120223531[1]




さて、有り金がほとんどなくなった…。

どうしよう…。

そうこうしているうちに朝が来た。

トルコの二日目は国内便でイズミルまで行き、そこからエフェス遺跡へ。

現地で一泊するという予定だ。

しかし、お金がないので二・三泊目のホテルにはメールでキャンセルを入れた。

イズミルまでの航空券は日本で払いを済ませてあったので乗ることにした。

イスタンブール アタテュルク空港からアドナンメンデレス空港へペガススエアで飛ぶ。

ペガススエアは格安航空会社だ。小さめの機体で無料の機内サービスはない。

まあ、1時間ほどのフライトだからいいが。

寝てたらあっというまに到着

空港に着いたが周りには低い山があるくらいでなにもなさそう。

バスで空港を出なければどこにも行けないようだ。

係の人にエフェスに行きたいと言ったら同じバスの乗客に彼を~で降りるように教えてやってくれみたいなことを言ってるようだ。

予想通りバスが走り出して一番目の停留所のところで乗客のおじさんがここだと教えてくれた。

何社もバス会社がビルの中に入っているバスターミナルのようだ



そうそう、食事のことですが。

前日の朝に買いすぎたボリボリサクサクのパンがまだ豊富にあったのでそれでしばらく飢えを凌げそうだ

というか、そのパンと水だけの生活がしばらく続く(笑)

小腹が空いたらボリボリとの繰り返し。

おいしくても飽きてきます…。



さて、ガイドブックを読んで再度、慎重に費用の計算。

あ…これ、やばいかも。遺跡への入場料が足りないじゃないか

まあ、しょうがない。この辺で時間つぶすか…。

ターミナルの中を散策すると外国人なんてほとんど見当たらない。

東洋人はわたしだけ

ひとまず、ターミナルを一周したがターミナルの外にはなにもなさそう。

中には売店とインターネットカフェなんかがあるくらい。

外は寒いので中で日本から持ってきた本を読むことに。

夕方まで本を読んでいい加減寒くなったので今晩の寝床に行くとするか。

寝床…そう、空港だ。

以前、タイのバンコクで空港が24時間で開いていたのでこっちでも何とかなるだろうと考えてだ。

それにしても、バスターミナルは複雑でどれがどこにいくかなんてまるでわからない。

とりあえず、人に聞きまくり空港まで向かう乗り合いタクシーを見つけ乗る。

客が4人乗って狭いタクシーの車内で車窓を眺めているとどうも景色が行きと違う。

しばらくするとどう見ても大きな街に入った。

タクシーの運転手がなにかを言い、乗客の一人が英語に訳して聞いてきた。

「どこまで行くんだ?」

「空港まで」(わたし)

「えっ?」(わたし以外)

「えっ?」(わたし)

タクシーは停車して空港行きのバス停を教えてくれた…。

うーん。やばい。金を無駄に使ってしまった。

ここは、イズミルの街のようだ。

そうだ。ここで両替をしよう。

しかし、1月1日のためか店はほぼ休業。

両替商も同じくでどこも開いていない。

結局、歩き回ったが両替できずに空港行きのバスに乗ることに。

ここで助かったのがバスでユーロが使えたこと。

リラしか使えないところもあるので良かった~

空港についてさっそく場所を確保して寝る。

地方の小さい空港なので東洋人は目立つようだが無事夜を明かすことが出来た。

この日の時点で、残金が10リラ 5ユーロ 50元 500円玉3枚

翌日、朝、まだ暗いうちに目が覚める。

イスでゴロゴロ、パンをボリボリしつつ14時のイスタンブールまでのフライトを待つ。

とくにトラブルもなくイスタンブール アタテュルク空港に戻る

着いたら、まず寝床を確保。

明日は、旅の最終日。金はなくともタダで見られるとこを周るとしよう。

それにしても持ってきた本は読み終わりガイドブックも何度も読んだ。ウォークマンは電池が切れた。

長い夜になるな…。



つづく
スポンサーサイト
  1. 2011/01/20(木) 22:39:56|
  2. Scenery
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<Istanbul (6) | ホーム | Istanbul (4)>>

コメント

ひえ~^@^;
街並みはスナップの宝庫っぽいけど、心理状態は穏やかではなかったんだね^^
23なら警察に保護を求めるかも~^@^
たいしたものだよマジで^@^!
  1. 2011/01/22(土) 00:29:22 |
  2. URL |
  3. 23 #vL1oD/CQ
  4. [ 編集 ]

23さん*
なんでしょう、旅の高揚感というか…不安な気持ちって言うのはあまりなかったですね。日本の時の方が心底穏やかじゃないことがあります(;^ω^)
  1. 2011/01/22(土) 10:24:02 |
  2. URL |
  3. ちくわ #-
  4. [ 編集 ]

両替

ちくわさん、こんにちは^^

貨幣ですね。両替出来ないことが一日の行動を決めるなんて
海外ならではです。瞬時の判断が、自分らしい旅になる感覚は
好きです。予定通りに回るツアーなど、興味が持てないな。
写真を拝見できて嬉しいです。感謝!
  1. 2011/01/22(土) 15:45:35 |
  2. URL |
  3. はなさかすーさん #dSgqtt7g
  4. [ 編集 ]

はなさかすーさん*
たしかに、ツアーだと私のようなマイペース人間には物足りないところがあるので一人が気楽でいいです。
自分でプロデュースするって感じでいいですね^^
  1. 2011/01/23(日) 16:06:48 |
  2. URL |
  3. ちくわ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ori121.blog31.fc2.com/tb.php/200-47800c12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ちくわ

Author:ちくわ
写真とたまに音楽

最新コメント

フリーエリア

月別アーカイブ

カテゴリ

Scenery (144)
A vehicle (1)
Nature (4)
A person (12)
An animal (7)
Molding (14)
Food (1)
Flower (3)
Fish (3)
ドイツ (5)

フリーエリア

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。